仮想通貨と言えば、最近流行している新たな投資形態だ。

少しの知識さえあれば誰でも気軽の取引でき、投資に興味がある初心者にもおすすめだと言えるだろう。

スマートフォンアプリで手軽に売買できる点も仮想通貨の良いところだ。

現在仮想通貨は「暗号資産」と呼ばれている。
この記事においては分かりやすく「仮想通貨」と表記するが、暗号資産のことである。

かくいう私も投資などに関しては初心者だが、以前から興味があった。

今回はそんな初心者でも簡単に取引を始められるよう、仮想通貨の取引所について解説していこう。

このぺーじでは、初めて仮想通貨の投資を始めようと考えている人に向けて、仮想通貨を取引所で買う前におすすめの仮想通貨取引所を紹介する記事だ。

仮想通貨の取引所とは何か?

仮想通貨について調べてみると、「取引所」という場所で仮想通貨を売買することが分かる。

仮想通貨の取引所とは、名前の通り仮想通貨を取引する場所だ。

実際に店舗などがあるわけではなく、取引はすべてアプリやブラウザなどのインターネット場で行われる。

仮想通貨の取引所と言うと、そのアプリやブラウザを指す。

取引所を利用するためにはアカウントの登録が必要になる。

仮想通貨とはいえ資産を扱うため、登録には本人確認書類の提出が必要となる。

免許証などをアップロードすることになるので用意しておこう。

登録のタイミングによっては、本人確認書類をアップロードしたその日のうちに即日取引ができるようになるスピード感も仮想通貨の魅力だ。

思い立った日から取引を開始できるので、やる気や熱量があるうちに取引ができる。

仮想通貨には「取引所」と「販売所」がある

仮想通貨の取引所には、「取引所」と「販売所」がある。

似ているようだがシステムが違うので気をつけよう。

仮想通貨の取引所

仮想通貨の取引所は、ユーザー同士での取引になる。

仮想通貨を持っている他のユーザーから仮想通貨を買ったり、逆に売ったりするのが取引所だ。

取引については株に似ており、取引所はユーザー同士の取引を仲介する形となる。

取引所の場合、こちらが提示した金額で相手が売ることを承認しない場合取引が成立せず、仮想通貨を購入できない。

確実に相手から購入するためには、相場を見て相場に近い金額で取引を持ちかけなければならないため注意が必要だ。

仮想通貨の販売所

ユーザー間でやりとりする取引所に対し、販売所は仮想通貨交換業者が直接ユーザーに仮想通貨を販売する。

ユーザー同士のやり取りと違い、相手に取引を拒否されることがないので確実に売買できるのがメリットだ。

購入したい仮想通貨の個数を入力して購入するだけなので非常に簡単であるのが特徴。

仮想通貨初心者におすすめなのが販売所だ。

販売所では、仮想通貨の買取価格よりも販売価格のほうが高く設定されている。

販売所で購入した仮想通貨をユーザー間で利益が出るよう売ったり、仮想通貨の価値が変わるのをチェックして売ったりすると良い。

仮想通貨初心者はどの取引所を利用すべきか?

仮想通貨の取引所は様々な種類がある。

仮想通貨 取引所 おすすめ」等で検索すると何種類も取引所が出てくるのでどこを利用すべきか迷ってしまうだろう。

個人的なおすすめはビットフライヤーだ。
仮想通貨の情報サイトでも多く取り上げられている。

ビットフライヤーは国内のビットコイン取引量No,1※を誇っている。
※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。

100円から売買を始められることから、「ちょっと試してみたい」「仮想通貨に興味がある」という方にもおすすめだ。

慣れてきたら本格的なトレードができる「ビットフライヤーライトニング」も利用できるため、プロからあままで人気が高い取引所だと言えるだろう。

日本で初めてTポイントをビットコインに交換できるサービスも提供している。

Tポイントがたまりっぱなしになっている方や、お金を仮想通貨にすることに抵抗がある人も利用しやすいだろう。